• 予防接種
  • 専門外来
FaseBook twitter
いなばクリニック医療レーザーアンチエイジングセンター&メディカルスパ
LINE@アカウント開設しました
いなばクリニック 耳鼻咽喉科・皮膚科・アレルギー科 メニュー
電話

  • 受付
  • 待合室
  • 診察室
  • 処置室
  • ネブライザー
  • クリニック外観

クリニックの主な検査・治療機器

電子カルテ

パソコンを使って患者様の診療情報(カルテ)を記録する情報システムです。診療内容、血液検査のデータといった情報を全てコンピュータに保存することによりペーパレス化を実現しています。電子的に記録されることにより、情報の共有、情報の整理が簡単に行え、それにより、インフォームドコンセントの充実、患者様の待ち時間の短縮などが可能になりました。

画像ファイリングシステム(静止画・動画撮影用)

撮影した画像を管理できる画像情報管理システムです。これにより、画像を用いた患者様への分かりやすい説明が可能になりました。 ファイバーで撮影した鼓膜の状態や喉の動き、めまいの時の眼球の動きなども、その場で再生してお見せすることができますので、正常との比較により、疾患の状態が把握しやすくなります。また、前回の写真との比較が出来ることから、改善していく様子が良く理解できるようになります。
特にお子様の場合、自分から症状を訴えることが無いため、写真をお見せすることにより、治療の必要性をお分かりいただけると思います。

治療用レーザー装置

当院では、数種類のレーザー装置を配備しています。治療対象の状況に応じて数種類を組み合わせて使用することにより、今までの治療法に選択肢が増え、難治疾患への対応が可能になりました。

耳鼻咽喉ファイバー・硬性鏡

耳、鼻、のどを診察する際に使用します。結果は画像ファイリングシステムに取り込み、その場で再生してお見せすることができます。

赤外線眼振検査装置

めまいがする時には、眼球の無意識な動きを認めます。それを診察する際に使用します。結果は画像ファイリングシステムに取り込み、その場で再生してお見せすることができます。

聴力検査装置

聴力の程度を調べます。検査の所要時間は10分〜15分です。難聴の部位、程度の診断に有用です。

ティンパノグラム

鼓膜の可動性を判断します。難聴の原因の一つで、診断のつきにくい滲出性中耳炎の診断に有用です。片耳数十秒で終わり、痛みも無いため、小さいお子さんでも検査できます。

ispa(アイスパ):いなばクリニック医療レーザー・アンチエイジングセンター&メディカルスパ
ラグジュアリーで快適なプライベート空間にて、最新の医療機器を用いた施術を受けられます。
クリニックとメディカルスパを融合した、新しい空間を提供いたします。