• 予防接種
  • 専門外来
FaseBook twitter
いなばクリニック医療レーザーアンチエイジングセンター&メディカルスパ
LINE@アカウント開設しました
いなばクリニック 耳鼻咽喉科・皮膚科・アレルギー科 メニュー
電話

老人性色素斑

頬や、こめかみにできる丸い形をしたシミです。茶色く平らなシミで、いわゆる'シミ'と言った場合、ほとんどがこれに当たります。日焼けによる紫外線刺激や加齢変化で、皮膚にメラニン色素が沈着することにより起こります。
飲み薬を使った治療、ビタミンC導入、軟膏治療(ハイドロキノン軟膏レチノイン酸軟膏)などを組み合わせて治療すると効果的です。それでも改善しない場合、レーザー治療を行います。
治療後も、紫外線を浴び続けると再発しますので、日に当たる時には日焼け止めをきちんと塗るなどの予防が大切です。

雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすのことを正式には、雀卵斑と言います。
先天的に小さなシミが多発したものなので、治療には時間がかかりますが、飲み薬を使った治療、ビタミンC導入、軟膏治療(ハイドロキノン軟膏レチノイン酸軟膏)などを組み合わせて治療するのが有効です。それでも改善しない場合、レーザー治療を行うこともあります。
治療後も、紫外線を浴び続けると色が濃くなってきますので、日に当たる時には日焼け止めをきちんと塗るなどの予防が大切です。

肝斑

女性だけにみられる、両頬に左右対称性に広がるシミです。ホルモンの変動が原因と言われていますので、妊娠・出産などがきっかけになることがあります。レーザー治療を行うと、逆にシミが濃くなってしまうことがあるので、飲み薬を使った治療、ビタミンC導入、軟膏治療(ハイドロキノン軟膏レチノイン酸軟膏)などを組み合わせて治療します。
日光に当たると悪化するので、夏に色が濃くなることがあります。日に当たる時には日やけ止めをきちんと塗るなどの予防が大切です。

扁平母斑

思春期前後から目立ってくる、茶色のアザのことです。
レーザーによる治療を行いますが、効果の無い場合、色素が沈着する場合、再発する場合がありますので、治療が数回にわたることがあります。