• 予防接種
  • 専門外来
FaseBook twitter
いなばクリニック医療レーザーアンチエイジングセンター&メディカルスパ
LINE@アカウント開設しました
いなばクリニック 耳鼻咽喉科・皮膚科・アレルギー科 メニュー
電話

耳垢栓塞

外耳道に耳垢が詰まってしまう状態です。綿棒で耳垢を押し込んでしまい、固まってしまうことが多いようです。固くて取れない場合には耳垢を溶かす薬を点耳して、柔らかくしてから除去します。

外耳道炎

外耳道への刺激で外耳道の皮膚に細菌が感染することで起こります。痛みが強く、分泌液が出ることがあります。抗生物質の点耳薬を使用して治療します。

外耳道異物

外耳道に異物が入った状態です。異物は水、耳垢、毛、虫、などです。子供の場合、いたずらで入れてしまうことがありますので、注意してください。

外耳道湿疹

外耳道への刺激などで外耳道皮膚が炎症を起こすと湿疹が出来て痒くなります。痒みが強いため、さらに刺激を繰り返すことになることにより、湿疹が慢性化し、皮膚の抵抗力が弱くなります。そのため、カビが生えたり、炎症が長く続くことになります。もっとも大事なことはなるべく我慢してかかないことと、外耳道を清潔に保つことです。

急性中耳炎

咽頭と中耳(鼓膜の内側)は耳管という管でつながっています。鼻咽頭より耳管経由で細菌感染が起こると中耳に炎症が波及し、膿が中耳に溜まり、激しい痛み・発熱が起こります。治療は抗生物質を使用しますが、炎症がひどい時は鼓膜を切開して排膿します(鼓膜切開術)。

慢性中耳炎

細菌感染が繰り返されると抗生剤の効きにくい菌が増えて、耳漏が遷延化します。鼓膜や耳小骨に炎症が続き、鼓膜穿孔・耳小骨固着などを起こし聴力も低下します。適切な抗生剤の使用と中耳の清潔を保つことで、耳漏をコントロールすることが重要です。 聴力低下を起こした場合は、手術で鼓膜を再建することが可能です。そのためには耳漏がコントロールされ、感染が無いことが条件です。

鼓膜穿孔

外傷、スキューバダイビング、慢性中耳炎などで鼓膜に穴があいた状態です。鼓膜に穴があいていると音が伝わらないため、聴力が低下します。穿孔はほとんどが自然に閉鎖しますが、慢性中耳炎の場合には、自然閉鎖しないので耳漏がなければ鼓膜再建手術を行います。

耳管狭窄症

鼻の奥と中耳をつなぐ耳管という管は外気圧と中耳の気圧を調節しています。この耳管の機能が低下すると、中耳の換気が抑制されるため鼓膜が内側にひっぱられて、耳が塞がった症状が出現します。鼻の奥に管を入れて、耳管に空気を通す耳管通気療法という治療を行います。

滲出性中耳炎

耳管の機能が低下し、中耳の陰圧が続くと鼓膜の内側の中耳に滲出液が溜まります。音が伝わらないため耳が塞がった感じがして、聴力が低下します。治療としては、耳管通気療法や鼓膜を切開して排液する方法(鼓膜切開術)があります。繰り返す場合には、鼓膜に小さな排液チューブを挿入する方法(鼓膜チューブ挿入術)があります。
小児は耳管の機能が未熟で、アデノイド(鼻の奥の扁桃腺)が耳管を圧迫していることが多いので滲出性中耳炎を繰り返します。痛みが無いため、訴えが無く、気付かない内に進行する事が多いので、注意して観察することが大事です。鼻の感染に伴うので、鼻水が出ている時は要注意です。鼻の治療とネブライザー吸入療法(薬剤を粒子状にして鼻内に噴霧)、耳管通気療法を続け、それでも改善しなければ鼓膜切開術を施行します。繰り返す場合には、鼓膜チューブ挿入術に加えて、アデノイド切除術を施行する場合もあります。
成人では腫瘍が耳管を圧迫することによって片側の中耳炎をおこすことがあるので片側の場合は注意が必要です。

鼓膜チューブ挿入術の詳細な動画(MPEGファイル・9.6MB)

中耳真珠腫

耳管狭窄症、滲出性中耳炎、慢性中耳炎などの中耳の換気が悪い状態が続くと、鼓膜の中に真珠のような白い腫瘍が出来ます。この腫瘍そのものは良性ですが、骨を壊して徐々に進行するという性質があります。耳小骨を壊すと聴力低下が起こり、内耳を壊すと難聴やめまいを起こします。さらに脳の方まで進行すると顔面麻痺や髄膜炎を起こすこともあります。感染を起こすと耳漏が続き炎症が進むので、定期的に耳鼻咽喉科で耳内の掃除を行い、感染のコントロールを行うことが重要です。ある程度大きいものや、進行する可能性がある場合は手術で摘出する必要があります。

航空性中耳炎

離着陸の際の急激な気圧変化によって中耳炎症状を起こしたものです。特に着陸の時に多いです。耳痛から始まり、炎症による聴力低下を起こすことがあります。つばを飲んだり、大きく口を開けたりすると、耳管が開き中耳の換気を行いますので、これを行ってください。風邪を引いていたり酒を飲んだりすると、耳管がむくむため中耳炎を起こしやすくなります。また、睡眠中は耳管が開かないため、着陸時は寝ないようにしてください。それでも起こってしまったら、耳鼻咽喉科を受診してください。治療は急性中耳炎、滲出性中耳炎の治療と同じになります。

耳管開放症

耳管の緊張性がないため耳管が開きやすく、開いたままの状態になっています。耳管は開いているにも関わらず、耳が詰まった感じがします。開いた耳管を通って音が中耳へ到達し、自分の声が響く、自分の呼吸音が聞こえるなどの症状が起こります。ひどくなると刺激が内耳に波及して、めまい、頭痛などが出現することもあります。原因としては急激なダイエット、消耗性疾患などで急に体重が落ちたりすると起こります。耳管の周りの脂肪が落ちて、耳管がスカスカになるからです。ひどくなると鼓膜が動いているのが観察出来ます。治療は鼻から耳管に薬を塗り、耳管を塞ぐ治療が有効です。しかし、一過性の効果しかありませんので、繰り返す場合は耳管の周囲にゼリー状の液体を注入する手術もあります。

耳管開放症の詳細な動画(MPEGファイル・1.5MB)

老人性難聴

聴こえの神経の機能低下です。年齢と共に高音部の聴力が落ちてきて、だんだん聞こえが悪くなります。耳鳴りを伴うことが多いです。音の認識力も低下してくるため、音は聞こえるが話の内容が分からないという事が起きてきます。年齢変化であるため、聴こえの神経を回復するのは困難です。日常生活に不自由が出てくれば補聴器の適応となります。目が悪ければ、誰でも眼鏡をかけるように、聴こえが悪い時は補聴器を使用した方が日常生活を快適に送れます。補聴器は耳鼻咽喉科で診察を受けて、自分にあったものを作成するのが良いと思います。高いものから安いものまでいろいろありますので、一度ご相談ください。

騒音性難聴

騒音の大きな職場、ヘッドホンステレオの使い過ぎ、などの環境が長く続くと、聴こえの神経の障害が進行し、耳の聴こえはだんだん悪くなります。高い音の一部が聴こえにくくなりますが、耳鳴で気付くことが多いです。一度障害を受けた聴こえの神経を回復するのは困難ですので、環境を改善し、予防することが大事です。

突発性難聴

突然、聴こえが悪くなる病気です。通常は片側の耳の塞がった感じで気が付くことが多いようです。内耳にある聴こえの神経の障害で起こりますが、原因はまだよくわかっていません。めまいを伴うこともあります。なるべく早く治療を開始した方が回復する可能性が高いと言われていますので、すぐに耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。聴力検査を行い障害の程度を調べ、壊れてしまった聴こえの神経を改善するため、ステロイドの点滴を行います。

メニエール病

通常は片側の耳の塞がった感じで気が付くことが多く、'ボー'という耳鳴がして、回転性のめまいが起こります。内耳の中にあるリンパ液のむくみ事により起こると言われています。原因は不明ですがストレス、ウイルス感染などが考えられています。聴力検査にて低音部難聴を認めますが、耳が詰まっている感じのみで、聴こえが悪いと自覚する事はあまり無いようです。治療は、むくみを抑える利尿剤を内服します。それでも改善が無い場合はステロイド剤を使用することもあります。
この病気の特徴の一つに繰り返し再発するというのがあります。治療をして改善したとしても、また聴力低下を繰り返すのです。このような発作を繰り返すうちに徐々に聴力が低下していくという危険性もあるため、毎回、きちんと耳鼻咽喉科で検査と治療を行うことが重要です。

眩暈症

グルグルと回転するようなめまいは、内耳という体のバランスをとる部位の障害で起こることが多く、ゆらゆらとふらつくようなめまいは、血圧の調節障害や脳の循環障害などが原因で起こることが多いといわれています。頭を動かすと症状がひどくなることが多いです。精神的なストレス、肉体的な疲れ、高血圧・低血圧などの血行障害、ウイルス感染、コンピューターの画面を見続けることによる眼の刺激、肩や首の凝り、など、めまいの原因はたくさんありますが、正確な原因は検査をしないとわからないので、一度検査をすることをおすすめします。まれに聴神経という聴こえの神経の腫瘍や、脳梗塞などがめまいの原因となることもあり、検査で見つかることがあるからです。
頭痛がしたり、手足がしびれたり、ろれつが回らないなどの症状がある時は、脳出血などの心配があるため、すぐに救急病院を受診してください。そうでなければまず心配はいりませんが、なるべく早めに耳鼻咽喉科を受診してください。
めまいがしている時は、自分の意志に反して眼球が左右方向へ激しく動く'眼振'と言う所見があります。この眼振がめまい診断の参考になるので、症状が有る時にはちょっと無理をしてでも耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。激しいめまいの時は、めまい止めの点滴を行うことにより、回復することがほとんどです。

眼振の詳細な動画(MPEGファイル・3.5MB)

良性発作性頭位眩暈症

頭を動かすとめまいが増悪し、じっとしているとすぐにめまいが治まるのが特徴です。内耳にある耳石器という平衡感覚を感じる場所、三半規管というリンパが流れている場所の障害によって、このようなめまいがおこります。原因は、血行障害、ウイルス感染、外傷などがありますが、正確な原因は検査をしないとわからないことが多いです。
治療は、めまい止めの薬、安定剤などの内服治療が中心ですが、一番大事なのはリハビリです。急性期は安静にしている方が良いのですが、ある程度症状が治まってきたら、積極的に頭や首を動かす運動をすることが重要です。そうすれば、めまい症状は時間と共に回復することがほとんどです。内耳は片方の機能がダウンしても反対側の内耳や脳が調節して、全体のバランスをとります(代償機能)。リハビリはこれを促進するからです。

耳鳴症

耳鳴は大きく分けて、2つの耳鳴があります。自覚的耳鳴症(耳鳴といったら一般的にはこれを指します)と他覚的耳鳴症です。

耳鳴症
基本的には聴こえの神経の障害がある場合に起こります。急性の聴こえの障害(突発性難聴、メニエール病)、慢性の聴こえの障害(老人性難聴、騒音性難聴、慢性中耳炎、中耳真珠腫)などが原因となることが多いですが、原因不明のものも多いようです。 ビタミン剤、安定剤、漢方薬などの内服治療が中心となります。一般的には高音部難聴で、'キーン''ジー'という音、低音部難聴で、'ゴー''ボー'という音が聴こえることが多いようです。
他覚的耳鳴症
耳鳴と言えば、普通は自分にしか聴こえませんが、これは実際に音を発し、マイクで音を増幅することが出来れば他人にも聴こえるといったものです。例えば、耳管が開いたり閉じたりする音、内耳のそばを脳血管が蛇行することによる血流音、などです。まれに動脈瘤や中耳の血管性腫瘍などが原因となることがあるので、耳鼻咽喉科を受診し、検査をするのが良いと思います。

聴神経腫瘍

内耳の奥にある聴神経は聞こえの神経である蝸牛神経、平衡感覚の神経である前庭神経から出来ています。
聴神経腫瘍はこの聴神経そのものにできる良性の腫瘍です。ほとんどが片側に出来ます。腫瘍そのものは良性ですが、非常にゆっくりとしたスピードで大きくなりますので、聴神経を圧迫して、徐々に聴力の低下、耳鳴、めまいなどの症状が出現します。
片側の耳の聞こえが徐々に悪くなってきたり、めまいの発作を繰り返すなどの症状がある場合は、聴神経腫瘍の可能性を疑って、頭のCT、MRIなどの検査を行う必要があります。
治療は手術による摘出、ガンマナイフという放射線治療が行われます。