• 予防接種
  • 専門外来
FaseBook twitter
いなばクリニック医療レーザーアンチエイジングセンター&メディカルスパ
いなばクリニック 耳鼻咽喉科・皮膚科・アレルギー科 メニュー
電話

専門外来

  • 育毛抜け毛
  • ED
  • ダイエット
  • 禁煙外来
  • アナフィラキシー外来

アナフィラキシー外来

アナフィラキシーとは、急激で、生命の危険を伴う重篤なアレルギー反応のことです。原因として蜂毒、食物、薬などがあります。 原因物質が体に入ると、数分後に唇のしびれ、蕁麻疹、腹痛、のどが詰まった感じ、眩暈、さらに呼吸困難、血圧低下、意識障害などのショック症状を起こします。
一刻も早い救急処置が必要で、医療機関に到着するまでに時間がかかる場合は不幸な結果になることも有り得ます。
救急処置として第一選択はアドレナリン(別名エピネフリン)という注射薬です。
アドレナリンは血管収縮、心拍数増加、気管支拡張等の作用があり、速やかに注射すると、呼吸困難や血圧低下といった命に関わる症状を改善することができます。

アナフィラキシー治療薬 エピペン

エピペンは、アナフィラキシーショックに対処できる、唯一の携帯可能な応急処置薬です。
アドレナリン(別名エピネフリン)0.3mg/0.15mgを自己注射するための注射針一体型の携帯用注射セットで、簡単な操作で患者自らが自分に注射できるように設計されています。
あらかじめ医師の診察を受けることでエピペンを購入・携帯し緊急時に備えることができます。
予約は不要ですので、診療時間内に来院ください。診察料・薬剤料など全て保険が適用されます。

エピペンが必要な人

  • 以前に蜂に刺された経験がある人
  • 特定の食物や薬で重いアナフィラキシー症状を起こしたことがある人、または起こす可能性のある人。
  • その他、アナフィラキシーショックのリスクがある人
アナフィラキシーを引き起こす原因になる物質をアレルゲンといいます。血液検査で、自分がどの物質に過敏に反応するかをある程度まで調べることができますので、心配な方は一度検査をお勧めします。

使用法

原則として原因物質に接触、摂取した後、何らかの症状を感じた場合に直ちに注射します。
エピペン0.3mg(体重30kg以上の方)
エピペン0.15mg(体重15kg以上30kg未満の方)

適正に使用しないと重大な事故につながる可能性がありますから,使用に当たっては十分な注意が必要です。
エピペンはアレルギーを治す薬剤ではなく、急激なアレルギー反応(アナフィラキシー)の症状を緩和する薬剤です。
エピペンは緊急時の補助治療薬であり、医療機関での治療に代わり得るものではありません。

料金:保険適用
初回時に説明し、2回目以降にキットをお渡しします。
なお、使用期限があるため、有効期限切れの際には使わなくても定期的に買い換えの必要があります。

エピペンについて詳しく知りたい方はこちら