いなばクリニック 医療レーザー・アンチエイジングセンター&メディカルスパ ispa〜アイスパ〜

完全予約制になります。まずはお電話で。友だち追加で情報を配信!LINE@アカウント開設しました

レーザートーニング

肝斑、炎症後色素沈着、肌のくすみ、毛穴の開き、ニキビ跡(赤み・色素沈着)に

レーザートーニング(マックストーニング、ルートロトーニング)とは、QスイッチYAGレーザーによる肝斑の新しい治療法です。


肝斑とは

20代〜40代ぐらいの女性の目の下や頬に、左右対称で広がる淡い薄茶色のシミのことです。
原因は不明ですが、妊娠や出産によって悪化する事が多く、閉経後は次第に薄くなる傾向にあることから、女性ホルモンの影響によって生じると言われています。
肝斑の治療にレーザーを用いると、炎症を誘発することにより逆にシミが悪化する事があるため、日焼け止めの外用、ビタミンCやトラネキサム酸などの内服や外用、イオン導入などで対応するのが一般的でした。IPLなどの光治療も有効ですが、全く効果が無い方がいるのも現状でした。


レーザートーニング(マックストーニング、ルートロトーニング)とは

レーザートーニング

レーザートーニング(マックストーニング、ルートロトーニング)とは、QスイッチYAGレーザーによる肝斑の新しい治療法です。
QスイッチYAGレーザーは従来のシミの治療に一般的に用いられるレーザーです。
皮膚の深い所にあるメラニン色素を破壊できるため、シミには非常に有効ですが、強い出力で照射するため、かさぶたが出来て、場合によっては炎症後色素沈着が長期間続くというデメリットがありました。
レーザートーニングは、深い所のメラニン色素を破壊することが出来るレーザーを用いて、皮膚に刺激を与えず、炎症を起こさせない弱い出力で照射するため、肌のメラニン色素を少しずつ破壊していき、安全で確実に肝斑の治療が行えます。
また、レーザーがフラットに照射され(トップハットモード)、均一にエネルギーを届けることができるため、効果的で安全な治療が可能になりました。

特徴
  • 『深達度の高いレーザー』
    皮膚の深い所にあるメラニン色素を破壊できるように、深達度の高いレーザーを用いる
  • 『弱いパワーでの照射』
    メラニン色素のみを破壊し、肝斑の炎症を誘発せず周りの正常皮膚に影響が無いパワーで照射
  • 『均一な照射』
    照射径内のパワーが均一なトップハットモードのレーザー
治療間隔、治療回数

週に1回で、計5〜10回の治療をおすすめしています。

コンビネーション療法が必要

最近では、肝斑が単独で存在しているケースはほとんどなく、数種類のシミが混在しているケースがほとんどと言われています。そのため、治療方法も、それぞれのシミに応じたコンビネーション療法が必要となります。レーザートーニングに加えて、内服、外用、イオン導入、LED治療、光治療、レーザー治療を組み合わせて治療を行っていきます。

料 金
1回 12,000円

〒233-0004
神奈川県横浜市港南区
港南中央通13-24
電話:045-840-0178
FAX:045-840-0173