いなばクリニック 医療レーザー・アンチエイジングセンター&メディカルスパ ispa〜アイスパ〜

完全予約制になります。まずはお電話で。友だち追加で情報を配信!LINE@アカウント開設しました

シミ

シミには色々な種類があり、それぞれ治療法が異なります。また、「複合型」と言って色々な種類のシミが混ざったタイプもあります。

老人性色素斑(日光性黒子)

頬や、こめかみにできる、茶色く平らな丸い形をしたシミです。日焼けによる紫外線刺激や加齢変化で、皮膚にメラニン色素が沈着することにより起こります。施術後の絆創膏ケアが可能であれば、原則的に1回で終了のQ-YAGレーザーがおすすめです。他人に気付かれないように少しずつ改善していく治療が希望であれば、光治療がおすすめです

  • 内服(ビタミン剤)

肝斑

20代〜40代ぐらいの女性の目の下や頬に、左右対称で広がる淡い薄茶色のシミのことです。原因は不明ですが、女性ホルモンの影響によって生じると言われています。肝斑の治療にレーザーを用いると、炎症を誘発することにより逆にシミが悪化する事があるため、炎症を誘発しないマイルドな施術が治療の中心となります。

  • 内服(ビタミン剤・トランサミン)

炎症後色素沈着(PIH)

化粧のかぶれ、湿疹、虫刺され、やけど、日焼け、外傷、ニキビなど、皮膚に炎症を起こした時にできる、茶色く残ってしまったシミのことです。メラノサイト(メラニンを作る細胞)が、刺激や炎症で活性化されることでメラニン色素を大量に生産して沈着します。
患部の安静と遮光を心がければ徐々に改善し、1年程度でほとんどが自然治癒しますが、長期間経っても改善が無い場合や希望のある方には治療を行います。

  • 内服(ビタミン剤・トランサミン)

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

別名:遅発性両側性太田母斑様色素斑
20代後半以降に、女性の両頬や額や小鼻などに生じる青黒色または灰褐色の色素斑です。肝斑や雀卵斑と似ていますので鑑別する必要があります。真皮(皮膚の深い所)にメラノサイト(メラニンを作る細胞)が存在し、これを破壊、除去する必要があるため、Qスイッチレーザーが最も良い適応になります。


s