いなばクリニック 医療レーザー・アンチエイジングセンター&メディカルスパ ispa〜アイスパ〜

完全予約制になります。まずはお電話で。友だち追加で情報を配信!LINE@アカウント開設しました

アザ

アザには大きく分けて、黒アザ茶アザ青アザ赤アザがあります。
多くは先天性のものですが、一部に後天性のものもあります。
従来の治療として、切除術や植皮術がありましたが、レーザーによる治療が可能となったことで、傷跡を小さくして治療する事が出来ます。

黒アザ

色素を持った母斑細胞が皮膚の浅い所から深い所に密集して存在するため、黒色に見えます。
一般的には、小さいものをホクロ、大きいものを黒アザと呼びますが、基本的に同じものです。

ホクロ(母斑細胞母斑/色素細胞母斑)
先天的に皮膚に母斑細胞というメラニン色素を産生する細胞が集まったものです。表面の性状は平らなものから軽度隆起したものまで様々です。

黒アザ(ホクロ)の治療

黒アザ治療の目的は、深い所にまで存在する母斑細胞を全て取りきることです。また、色・質感が周囲の皮膚と異なるため、周囲の正常皮膚と同じように均一化する必要があります。
場合によっては多少の傷跡が残りますが、積極的に母斑細胞を全て取りきる治療を行います。

料 金
炭酸ガスレーザー・CO2RE (コア) 5,000円/mm
エクセルV 5,000円/cm2
Q-YAGレーザー 10,000円/cm2

茶アザ

メラニン色素が皮膚のやや浅い所にあるため、茶色に見えます。

  • 扁平母斑
    茶色で平らなアザです。カフェオレ斑とも呼ばれています。メラニン色素が皮膚のやや浅めの所や、毛根にそって深い所にも存在します。Q-YAGレーザーによる治療を行いますが、効果の無い場合、色素が沈着する場合、再発する場合がありますので、治療が数回にわたることがあります。
  • べッカー母斑
    肩や胸に出来るアザで、アザの上に毛が生える事があります。Q-YAGレーザーによる治療と、脱毛治療も併用して行います。

茶アザの治療
茶アザ治療の目的は、メラニン色素を取り除きその状態を維持することです。再発率が高いため、繰り返しのレーザー照射が必要です。肌の質感は正常肌とほぼ同じなので、削り取るような侵襲の高い治療は原則的に行いません。

料 金
Q-YAGレーザー 10,000円/cm2
エクセルV 5,000円/cm2

青アザ

メラニン色素が皮膚のやや深い所にあるため、青色に見えます。

  • 太田母斑
    多くの場合、顔面の片側に存在する青色のアザです。まれに両側にあることもあります。生まれつき存在する場合と、青年になってから出現する場合があります。額、目の周囲、頬などに出来る色の濃いアザですが、レーザー治療で深部の色素を取り除くことによって、改善可能なアザです。
  • 異所性蒙古斑
    蒙古斑は東洋人のお尻に出生時より認める青色のアザで、ほとんどの場合、成長により自然に消失します。
    同様のものがお尻以外に出来たものを、異所性蒙古斑と言います。
    異所性蒙古斑は消失しない場合がありますので、色の濃いものや目立つ部位にあるものは、レーザー治療を行います。

青アザの治療
青アザ治療の目的は、真皮内のメラノサイトを壊すことです。Q-YAGレーザーのみが表皮細胞、正常な色素細胞を傷つけずに、真皮の異常な色素細胞のみを治療することが可能です。治療は複数回必要です。治療をするごとに色が薄く、小さくなっていきます。

料 金
Q-YAGレーザー 10,000円/cm2

赤アザ

血管腫・血管奇形のことです。皮膚に異常血管が出現するため、赤色に見えます。

  • 毛細血管奇形(単純性血管腫)
    出生時より認める、赤色の平坦なアザです。成長により、隆起してくる場合があります。全身に発生しますが、顔・首に多くみられます。色や形はほとんど変化せず、体が大きくなるのと同じ割合で大きくなり、自然には消失しません。そのため、改善するにはレーザー治療が必要となります。
  • 乳児血管種(苺状血管腫)
    出生直後から数週間以内に、急速に出現する赤色の隆起性のアザです。
    特に治療をしなくても自然に消失するため、経過観察のみで良いです。しかし、自然消失まで長期に渡るということ、赤い色は消失しても皮膚の隆起や肌の質感の違いが残ることから、レーザー治療を行う場合が多くなっています。
    プロプラノロール(ヘマンジオルシロップ) 内服という選択肢もあります。
  • くも状血管腫
    中心部の赤い発疹から放射状に細かい血管が広がるのが特徴です。顔、首、胸などに多く出現します。
  • 老人性血管腫
    赤ホクロのことです。中年以降の体幹に出現する、毛細血管の増殖による半球状の腫瘤です。加齢とともに増加します。

赤アザの治療
赤アザ治療の目的は、正常皮膚にダメージを与えず、異常血管のみを壊すことです。血管径(細い〜太い)、血管の位置(浅い〜深い)によって、治療効果は様々ですが、基本的に複数回の治療が必要です。
治療には、コンタクトクーリングチップ付きデュアル波長可変パルス式ロングパルスレーザーを用います。
つまり
・皮膚を保護するため、レーザー先端に接触型冷却装置が付いている。
(痛みを抑え、皮膚表面のダメージを最小限に抑える。)
・血中の酸化ヘモグロビンに吸収特性の高い波長を持ち、血管のみを選択的に破壊する。
さらに深部へ届く波長も合わせ持つ。(計2波長選択出来る。)
・パルス幅(レーザーを照射する時間)を変えられるため、ターゲットによって照射設定を変える事が出来る。

料 金
エクセルV 10,000円/cm2
  • 内服(ヘマンジオルシロップ)

s