いなばクリニック 医療レーザー・アンチエイジングセンター&メディカルスパ ispa〜アイスパ〜

完全予約制になります。まずはお電話で。友だち追加で情報を配信!LINE@アカウント開設しました

花粉症

スギやヒノキの花粉がアレルゲン(アレルギーの原因)であるアレルギー性鼻炎のことです。

花粉症

スギやヒノキの花粉がアレルゲン(アレルギーの原因)であるアレルギー性鼻炎のことです。春のスギ、ヒノキだけでなく、夏のカモガヤ、秋のブタクサなど季節によって飛散する花粉が異なります。
アレルゲンと接することにより症状が出ますので、まずアレルギーの原因が何かということを調べて、これを除去することが大事です。逆に言えば、アレルゲンに接しなければ、症状は出ません。
皮内テストや血液検査からアレルギーの原因がわかりますので検査をして自分のアレルゲンを確認することが重要です。
症状には、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、眼・鼻の痒みなどがあります。
アレルゲンが鼻の中の粘膜に触れるとアレルギー反応が生じて、鼻水が多量に分泌され、鼻の粘膜が腫脹し空気の通り道が狭くなります。
治療は抗アレルギー剤の内服、点鼻スプレー・点眼薬の併用などを行います。
ボトックス注射、プラセンタ注射、ステロイド徐放剤注射(応相談)などの各種注射療法もあります。
また、鼻の粘膜をレーザーで焼灼する手術も有効です。
これらの治療はあくまでアレルギー反応を抑えることにより症状を緩和するものなので、アレルギー体質が治る訳ではありません。しかし、アレルギーの原因を除去し、薬で症状を抑えることにより快適な日常生活を送れるようになりますので、有効な治療と言えます。
(※アレルギー体質を根本的に治す唯一の治療は減感作療法のみです。)

img_08

  • 内服(抗アレルギー剤)
  • 外用(点鼻スプレー・点眼薬)

s