いなばクリニック 医療レーザー・アンチエイジングセンター&メディカルスパ ispa〜アイスパ〜

完全予約制になります。まずはお電話で。友だち追加で情報を配信!LINE@アカウント開設しました

刺青・アートメーク

一時の流行り、勢いで刺青を入れてしまったが、入れてしまった事に後悔したり、周囲の目が気になったり、就職・結婚などを機に除去したい方。また、化粧を簡単に済ませるためにアートメークを入れてしまったが、メークの流行の変化により入れてしまった事に後悔している方。これらの方はレーザーによる除去が可能です。
当院ではQ-YAGレーザー、CO2RE (コア)を用いて治療します。

刺青のレーザー治療

Q-YAGレーザー
正常な皮膚にダメージを与えることなく、特定の色素のみをターゲットにし治療できるQ-YAGレーザー治療が第一選択となります。
Q-YAGレーザーは、表皮のメラニン色素へのレーザー光の吸収が少なく刺青の色素への選択性と組織深逹性が高いレーザー機器です。
1,064nmと532nmの2波長が使用可能なため、黒色、茶色、赤色等の刺青の色に対応できますが、その他の色にはあまり効果が期待できません。
また、皮膚の浅い位置に色素が入っている場合は比較的取り除きやすく、皮膚の深い位置に色素が入っている場合は取り除くことが難しいです。
つまり、皮膚の真皮浅層の刺青で、しかも色が黒に近い場合は比較的簡単に治療を行うことが可能です。
1〜3ヶ月に1回程度の間隔で照射します。レーザーを照射したことによる二次性色素沈着が治まった後、次の照射を行います。
皮膚や色素の状態により治療回数は異なりますが、最低3回以上の照射治療が必要になります。
塗る麻酔をしてから治療をしますので、我慢できる程度の痛さです。

CO2RE (コア)…スキャナー付き炭酸ガスレーザーによる削皮術(ダーマブレージョン:dermabrasion)
Q-YAGレーザーで効果がない、または反応が低い色がある刺青は、残った部分をレーザー削皮術で治療することが可能です。 刺青は皮膚の真皮に色素が注入されているため、皮膚の表面からレーザーを使って刺青の色素を削り取っていく治療です。Q-YAGレーザーで治療困難な色にも対応できます。
コンピュータ制御により、1回の照射で一定の深さで決まった範囲を削ることができます。そのため、照射部位の均一な仕上がりが可能となります。
麻酔の注射をしてから治療をします。
レーザー削皮術は真皮内の色素を、健常な皮膚と共に削り取ってしまうため、Q-YAGレーザーに比べて、色素沈着や手術痕が残ってしまうリスクが高いです。

外傷性刺青のレーザー治療

Q-YAGレーザー
外傷により皮膚の中に異物などの色素が閉じ込められてしまったものです。Q-YAGレーザーで除去することができます。
ただし、色素の種類や深さによっては、取れにくい場合もあります。

アートメーク(眉毛)のレーザー治療

Q-YAGレーザー
アートメークは、刺青と比較して、浅い層に色素が入っていることが多いため、レーザー治療で比較的簡単に取れます。
アートメイクの場合は、1回で十分効果が期待できます。

注意点

※複数回の治療が必要になります。
※刺青の色の濃さ・深さ・大きさなどにより、効果や治療回数に個人差があります。
※刺青の色素が非常に深く入っている場合は治療困難です。
※やけど、肥厚性瘢痕、ケロイド、色が白く抜ける、照射部位皮膚の質感の差、などのリスクはあります。
※広範囲切除、植皮などは当院では行っておりません。

料 金
刺青:Q-YAGレーザー 10,000円/cm2
刺青:CO2RE (コア) 20,000円/cm2
刺青:手術による切除 20,000円/cm2
アートメイク:Q-YAGレーザー 両眉30,000円/回